FC2ブログ

▼うさぎドロップ

2012/06/03 Sun 12:14

511v+Y-D86L__SL160_.jpg
製作年 2011年



27歳独身男性が祖父の葬儀で祖父の隠し子のリンと出会い、行く当てのないリンを引き取り
2人の生活が始まる。

ほっこり映画で癒された。
私は子供がいないので大変さはわからないけど、
これを観て良さは伝わった。

001_20120603120145.jpg

芦田愛菜かわいい~。
可愛くてたまりませ~ん!
ぎゅってしたい。ぎゅって。

でも、こどもの皮を着た大人にみえる。
経験値ってすごいね。

映画日記の世界への入り口イタリアン・グレイハウンドの世界への入り口

    映画とイタグレの世界へ!!

スポンサーサイト



▼映画 ヒューマンドラマ | コメント:(1) | トラックバック:(1)



原題: The Kite Runner
ペルシャ語題: کاغذ‌پران‌باز- Kāğazparān Bāz
製作年度: 2007年
製作国: アメリカ

泣いた!泣いた!泣きました!!

もー、あまり内容言いたくない。
見て色々考えるもよし。
良いも悪いも幼少期を思い出すもよし。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

罪はひとつ、たったひとつしかない。

それは盗みだ。
ほかの罪はどれも、盗みの変種にすぎない。

「男を殺せば、それは男の命を盗むこと」で
「男に妻がいれば、その妻の夫を盗むことになるし、子どもがいれば、子どもから父親を盗むことになる。」
「嘘をつくのは、だれかの真実を知る権利を盗むこと」だ。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

なんでも悪い事は盗みに結びつく。
すごくに、脳裏に焼きついた言葉。
シンプルだけど、深いと感じた。
私は過去にどれだけの盗み(罪)を働いたのだろう。
自分で思い出せない盗み(罪)程、相手を傷つけているんだよね。

あぁ 胸が痛い。



映画日記の世界への入り口イタリアン・グレイハウンドの世界への入り口

   
▼映画 ヒューマンドラマ | コメント:(0) | トラックバック:(1)

▼プレシャス

2012/04/22 Sun 00:55

あらすじはナシ!
とにかく観て頂きたい。

image1_20120422004944.jpg


ポーラ・パットンimage4.jpg
マライア・キャリーimage2.jpg

歌姫がふたりも出てきたり、
レニー・クラヴィッツimage7.jpg

が出てきたり
「こっ…これはもしや天使にラブソングをのパターン?」と
imageCATWITAV.jpg

思ったけど一切音楽には触れず
非常に非情で現実的な内容だった。

image6.jpg


心が痛むけど、学ぶものも沢山あった。
ただ、重いだけの内容ではなく本当に考えさせられる。

image3.jpg


我が子に"プレシャス"(宝物)と名前を授けたのに
その数年後には、プレシャスな筈の我が子に虐待を犯してしまう。
なんと悲しい。

虐待される側、する側の双方の苦しみ。
あー胸が痛い。思い出すだけでギューっと。
目頭が熱くなる。

image5.jpg


終盤の、"Why me?"(なんで私?)とノートに綴られる文字を見た時に
また締め付けられた。



カメラワークがとてもおしゃれ。
すっごく素敵。
観てよかった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

▼映画 ヒューマンドラマ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

▼127時間

2012/04/07 Sat 19:29

000.gif

あらすじは必要ないくらいシンプルな内容の映画だけど

おーもーしーろーかったー!!

001.jpg


登山家のアーロン・ラルストン、単独でのロッククライミング中落石に遭い右手を
挟まれ身動きができなくなり極限状態での自分の人生を見つめなおす物語。

imagesCAMZWUM2.jpg


最後はホロリ。まさかのホロリ。

そして、アーロンを演じたジェームズ・フランコ、めちゃくちゃ良かった!

見てる間も「あら?この俳優さん最近どこかで・・・」と何度も過ったけど
思いだせずこの映画を見終えて、「凄い俳優さんだなー」と
エンドロールを見て、「ジェームズ・フランコ」を検索してみる・

すると!え!!「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

はれはれ!4日前ぐらいに見ましたわ。

すごいね~!同一人物だとは!!
全くの別人!!
imagesCAPL9FA7.jpg



「127時間」岩に挟まれているって事は、
そうです!画は略、変わらないのに
上映時間の 94分! 全然見てられる!
何という画力(えじから)!

音楽も画もすごく好みでありました。

ポチ頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
▼映画 ヒューマンドラマ | コメント:(4) | トラックバック:(0)

▼セルピコ▼

2012/01/26 Thu 01:15

img_1193958_31884526_2.jpg




正義感溢れる男フランク・セルピコ。
ba3fd8edb81bb1b5540dc71230bb16a4.jpg

警察学校を卒業後
巡査から刑事局の
私服警官へと階級が上がり
やる気に満ち溢れていた。

2010093017503568a.jpg


ある日、封筒が届き
中には300ドルが入っていた。

imageCA9EVZC4.jpg


それは警察内で行われている賄賂だった。

汚職や賄賂が蔓延っている中、セルピコは一切賄賂を受取らなかった。
賄賂を受取らないセルピコを皆が変人扱いをし
孤立していく。


後に告発に踏み切るのだが
市で最も危険なブルックリンの麻薬地帯に転勤を命じられた・・・




中盤に恋人が「賢い王」の話をセルピコに話す場面が印象的。

昔 ある国に王様が住んでいました
王国の中心に井戸があり
人々は飲み水にしてました
ある晩 魔女がやってきて
井戸に毒を入れました
すると、次の日 王様以外が水を飲み
正気を失った
そして叫び出した
”王様は変だ 追い出せ”
その夜 王様も井戸水を飲みました

すると次の日 人々は
王様が正気に戻ったと
大喜びしました


色んな解釈があっていいと思う。

そして、この映画は2回目観ると面白いパターン。

発見や見逃していたところが見れて絶対おすすめ!


因みにこれは実際にあった話をもとに
映画化されたようで
こちら フランク・セルピコさん ご本人

FS.jpg

映画最高!


ポチ頂けると嬉しいです

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ



原題:Serpico
製作年:1973年
製作国:アメリカ
監督: シドニー・ルメット
上映時間:130分




▼映画 ヒューマンドラマ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »